ロープウェイを使って北アルプスの核心部に一気に迫れる西穂高岳。
今回は西穂山荘のテント場に一泊して、西穂高岳頂上でゆっくりしました。
周りの山に比べて西穂高岳は雪が少なく、特に稜線に出てからは全く雪がありませんでした。

頑張れば日帰りでも行けなくはない西穂高岳ですが、西穂山荘に一泊して余裕をもった日程にしました。
この日程であれば、東京を朝一に出れば問題なくテント場に到着できます。東京から一番身近な北アルプスですね。

二日目早朝に西穂高岳へ。単独なので天候などの状況をみながら西穂独票より先は慎重に進みます。
幸い、これ以上ないぐらいの快晴で、乗鞍岳、御嶽山、笠ヶ岳など、どの方向も見事に見渡せました。
6月上旬でしたが、稜線に出てからは雪が全くなく、登りやすかったです。

頂上では珈琲を飲みながらゆっくり。平日テント泊の土曜朝登頂なので、非常に人が少なくゆっくりできた。
いつかはここから奥穂高岳まで行ってみたいものです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。